プレスルーム

公益財団法人 国際科学技術財団について

設立 ・1982年11月1日、日本国際賞創設に向け「日本国際賞準備財団」として発足。
・1983年5月5日、顕彰事業のほか、科学技術に関する知識・思想の総合的な普及啓発を図ることを目的に加え、「国際科学技術財団」に改称。
・1983年10月28日、日本国際賞の実施に関し、関係行政機関が必要な協力を行う旨の閣議了解を得る。
・1985年4月、第1回日本国際賞授賞式を開催。
・2010年10月1日、内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受ける。
 
会長 吉川 弘之 (独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター センター長
 
理事長 矢﨑 義雄 国際医療福祉大学 総長
 
所在地 107-6035 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル イーストウィング35階
Tel: 03-5545-0551 Fax: 03-5545-0554 URL: www.japanprize.jp
 
事業内容 1. 日本国際賞(Japan Prize)による顕彰事業
2. 科学技術に関する研究に対する助成及び奨励事業
3. 広報刊行物、研究論文集等の刊行物やセミナー開催などを通じた科学技術に関する知識及び思想の総合的な普及啓発活動
4. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
 
主な事業

1) 日本国際賞(Japan Prize)

全世界の科学技術者を対象に、科学技術分野で独創的で飛躍的な成果をあげ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した人に対し、その業績を称え顕彰する。1985年(第1回)から2016年(第32回)までに13ヶ国、88名に授与。受賞者には、賞状、賞牌と賞金5,000万円(1分野に対して)が贈られる。

授賞分野は「物理、化学、工学」と「生物、農学、医学」の2つの領域から毎年各1分野を選び、各分野から原則として1名受賞者を選定。選定にあたっては、財団に登録された約13,000名の世界の著名な科学者及び技術者から推薦を受け、財団内の審査委員会が各分野の専門領域に対する貢献と社会的貢献の双方の観点から、約10ヶ月をかけて厳正な審査を行い、財団の理事会が最終審議を行う。

これまでの受賞者には、ノーベル賞受賞前に日本国際賞を受賞したチャールズ・カオ博士(米)、フランク・シャーウッド・ローランド博士(米)、イライアス・コーリー博士(米)、ゲルハルト・エルトゥル博士(独)、アーヴィド・カールソン博士(スウェーデン)、リュック・モンタニエ博士(仏)や、日本国際賞とノーベル賞を同年受賞したキャリー・マリス博士(米)、アルベール・フェール博士(仏)、ペーター・グリュンベルク博士(独)、ノーベル賞受賞後日本国際賞を受賞した江崎玲於奈博士らがいる。

2) やさしい科学技術セミナー

生活に密接にかかわる分野での最先端技術について研究助成に選ばれた研究者を講師に迎え、中学生や高校生を対象に年10回全国各地で開催。1989年3月の第1回目セミナー以来、2016年末までの27年間に国内各地で293回以上開催。時宜を得たテーマについて、平易な言葉での解説と実験を通して科学技術の知識の普及啓発に努めている。

2015年開催やさしい科学技術セミナー・テーマ

■PETって何? ~先端医療を支える触媒化学~
■ 美しく魅惑的な構造をもった分子の世界
■ えっ?!こんなところに放射線!!
■ 体内時計って何? ~毎日繰り返すリズムの仕組み~
■ 触って感じておもしろ半導体!
■ ナノ多孔質金の表面構造 ~ナノの世界を覗いてみよう~
■ 脳科学と薬学の最先端
■ 「物質」を「先端材料」に ~材料開発で超伝導を使いこなす~
■ 化学と生物学をつなぐ「光る分子」の体験セミナー
■ 金属錯体の世界 ~色と反応と機能性の化学~
■ 血管研究が切りひらく、未来の疾患治療 〜いろいろな血管を観察してみよう〜
■ きのこに学ぶ木の食べ方
■ 動物の内部を光でのぞいてみよう ~最先端顕微鏡でみる生命の本当の姿~
■ 藻が地球を救う? ~藻類バイオマスの利用の最前線~
■ 「エネルギー」について学ぼう
■ パワーエレクトロニクスに支えられる電池と太陽電池

3) ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)

スウェーデン青年科学者連盟がノーベル財団の協力を得て主催するセミナーに毎年学生(大学生・大学院生)2名を派遣。SIYSSには世界各国から派遣された若手科学者が集い、ノーベル賞授賞式などノーベル賞行事に参加し、自らも研究発表を行うなど比類ない国際交流の機会となっている。同時に、若手研究者の倫理の向上や科学に対する熱意の向上に役立っている。1987年の第1回派遣以来、2016年までの30年間に58名を派遣。

4) 研究助成

各年の日本国際賞授賞対象分野と同じ分野で研究を行う35歳未満の若手科学者・研究者を対象に1件につき100万円の助成金を贈呈。2016年は合計で23名に対し助成を行った。2006年の助成制度開始以来、これまでに合計227名に助成金を贈呈。

(2017年1月現在)
Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

プレスルーム

Japan Prize News No.58

2017年(第33回)Japan Prize授賞式
天皇皇后両陛下をお迎えして開催
イスラエル、フランス、米国の3博士が受賞
詳細はこちら

Japan Prize 30年の歩み

page top