歴代受賞者略歴

photo

ブルース・N・エームス博士

1997年(第13回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
医学におけるバイオテクノロジー分野
授賞業績
がんの原因に関する基本概念の確立
記念講演
栄養、がん、老化による変性疾患
国籍: 米国
生年月日: 1928年12月16日
学歴:
1950年 コーネル大学卒業
1953年 カリフォルニア工科大学より博士号取得
職歴:
1953-54年 米国国立衛生研究所ポストドクトラルフェロー
1954-60年 米国国立衛生研究所生化学研究員
1961年 F.H.C. Crick and F. Jacob 研究所NSF上級研究員
1962-67年 米国国立衛生研究所細菌遺伝学部長
1968-現在 カリフォルニア大学バークレー校生化学・分子生物学部教授
1983-89年 カリフォルニア大学バークレー校生化学・分子生物学部主任教授
1979-現在 カリフォルニア大学バークレー校国立環境健康科学センター研究所所長
現職: カリフォルニア大学バークレー校生化学・分子生物学部教授
主な著書と論文
  1. Martin, R.G. and Ames, B.N. A method for determining the sedimentation behavior of enzymes: Application to protein mixtures. J.Biol. Chem. 236:1372-1379, 1961.
  2. Ames, B.N. and Whitefield, Jr., H.J. Frameshift mutagenesis in Salmonella. Cold Spring Harbor Symposia on Quantitative Biology, 31:221-225, 1966.
  3. McCann, J., Spingarn, N.E., Kobori, J. and Ames, B.N. Detection of carcinogens as mutagens: Bacterial tester strains with R factor plasmids. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 72:979-988, 1975.
  4. McCann, J., Choi, E., Yamasaki, E. and Ames, B.N. Detection of carcinogens as mutagens in the Salmonella/microsome test: Assay of 300 chemicals. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 72: 5135-5139,1975.
  5. Maron, D.M. and Ames, B.N. Revised methods for the Salmonella mutagenicity test. Mutation Res., 113:173-215, 1983.
  6. Ames, B.N. and Gold, L.S. Chemical Carcinogenesis: Too Many Rodent Carcinogens. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 87:7772-7776, 1990.
  7. Ames, B.N., Profet, M. and Gold, L.S. Dietary Pesticides (99.99% All Natural). Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 87:7777-7781, 1990.
  8. Ames, B.N., Profet, M. and Gold, L.S. Nature's Chemicals and Synthetic Chemicals: Comparative Toxicology. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 87:7782-7786, 1990.
  9. Ames, B.N., Shigenaga, M.K. and Hagen, T.M. Oxidants, Antioxidants, and the Degenerative Diseases of Aging. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 90:7915-7922, 1993.
  10. Shigenaga, M.K., Hagen, T.M. and Ames, B.N. Oxidative Damage and Mitochondrial Decay in Aging. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 91:10771-10778, 1994.
  11. Gee, P., Maron, D.M. and Ames, B.N. Detection and classification of mutagens: A set of base-specific Salmonella tester strains. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 91:11606-11610, 1994.
  12. Ames, B.N., Cold, L.S. and Willett, W.C. The causes and prevention of cancer. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92: 5258-5265, 1995.
主な受賞等:
  • 米国化学会 エリー・リリー賞 (1964)
  • アーサー・フレミング賞 (1966)
  • レウイス・ローゼンティール賞 (1976)
  • 生命科学研究FASEB/3M賞 (1976)
  • E.R.D.A.優秀賞 (1976)
  • 環境変異学会賞 (1977)
  • カリフォルニア工科大学同窓会 特別賞 (1977)
  • シモン・シュビッツがん研究賞 (1978)
  • フェリックス・ワンケル研究賞 (1978)
  • ジョーン・スコット賞 (1979)
  • ボルトン・L・コルソン賞 (1980)
  • ニュー・ブルスウイック・レクチャーシップ賞 (1980)
  • ワーズワース賞 (1981)
  • 米国ジェネラル・モータースがん研究財団 チャールスrcbト賞 (1983)
  • ガィルドナー財団賞 (1983)
  • タイラー賞 (1985)
  • スペンサー賞 (1986)
  • 米国化学協会 ゴールドメダル賞 (1991)
  • 米国老人学会 グレン財団賞 (1992)
  • 環境衛生 ラブレース賞 (1995)
  • 本田賞 本田財団 (1996)
所属機関、学会等:
  • 米国化学会
  • 米国生物化学者会
  • 米国遺伝学会
  • 米国微生物学会
  • 環境変異学会
  • 米国癌学会
  • 米国毒物学会
  • 米国科学者連盟
名誉会員 :
  • 米国芸術・科学院 会員 (1970)
  • 米国学士院 会員 (1972)
  • 米国科学会 フェロー (1980)
  • 日本癌学会 名誉会員 (1987)
  • スウェーデン学士院 外人会員 (1989)

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top