歴代受賞者略歴

photo

小川 誠二博士

2003年(第19回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
医学における視覚化技術分野
授賞業績
磁気共鳴機能画像法の基礎原理の発見
記念講演
脳機能を知る一つの方法
国籍: 日本
生年月日: 1934年1月19日
学歴:
1957年 東京大学 工学士 (応用物理)
1967年 スタンフォード大学PhD(理学、化学物理)
職歴:
1962-64年メロン研究所(米国ペンシルベニア州ピッツバーグ市)放射線化学研究部 研究助手
1967-68年スタンフォード大学化学科 ポストドクトーラルフェロー
1968-70年ベル研究所 生体物理学研究部 研究員
1971-84年ベル研究所 生体物理学研究部 主任研究員
1984-92年ベル研究所 生体物理学研究部 特別研究員
1992-2001年3月ベル研究所 生物演算研究部 特別研究員
2001年3月-現在ヨシバ大学アルバート・アインシュタイン医学部 客員教授
2001年4月-現在濱野生命科学研究財団、小川脳機能研究所 所長
現職: 財団法人濱野生命科学研究財団
小川脳機能研究所所長
主な著書と論文
  1. S. Ogawa, H. M. McConnell and R. Horowitz, "Overlapping Conformation Changes in Spin-Label Hemoglobin", Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 61: 401-405 (1968)
  2. R. G. Shulman, S. Ogawa, K. Wurthrich, T. Yamane, J. Peisach and W. E. Blumberg, "Absence of "Heme-Heme" Interaction in Hemoglobin", Science, 165: 251-257 (1969)
  3. S. Ogawa and R. G. Shulman, "High Resolution Nuclear Magnetic Resonance Spectra of Hemoglobin:III The Half Ligated State and Allosteric Interaction", J. Mol. Biol., 70: 314-335 (1972)
  4. S. Ogawa, T. M. Lee, A. S. Nayak and P. Glynn, "Oxygenation Sensitive Contrast in Magnetic Resonance Image of Rodent Brain at High Magnetic Fields", Magn. Reson. Med., 14: 68-78 (1990).
  5. S. Ogawa, T. M. Lee, A. R. Kay and D. W. Tank, "Brain Magnetic Resonance Imaging with Contrast Dependent on Blood Oxygenation", Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 87: 9868-9872 (1990).
  6. S. Ogawa, D. W. Tank, R. Menon, J. M. Ellermann, S.-G. Kim, H. Merkle and K. Ugurbil, "Intrinsic Signal Changes Accompanying Sensory Stimulation: Functional BrainMapping With Magnetic Resonance Imaging", Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 89: 5951-5955 (1992).
  7. W. Denk, R. M. Keolian, S. Ogawa and L. W. Jelinski, "Oscillatory Flow in the Cochlea Visualized by Novel Magnetic Resonance Imaging Technique", Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 90: 1595 - 1598 (1993).
  8. S. Ogawa, R. S. Menon, D. W. Tank, S-G. Kim, H. Merkle, J. M. Ellermann and K. Ugurbil, "Functional Brain Mapping by Blood Oxygenation Level-Dependent Contrast Magnetic Resonance Imaging: A Comparison of Signal Characteristics with a Biophysical Model", Biophysical Journal, 64: March (1993)
  9. P. P. Mitra, S. Ogawa, X. Hu and K. Ugurbil, "The Nature of Spatiotemporal Changes in Cerebral Hemodynamics as Manifested in Functional Magnetic Resonance Imaging",Magnetic Resonance in Medicine, 37: 511-518 (1997)
  10. Seiji Ogawa, Tso-Ming Lee, Ray Stepnoski, Wei Chen, Xiao-Hong Zhu, and Kamil Ugurbil, "An approach to probe some neural systems interaction by functional MRI at neural time scale down to milliseconds", Proc. Natl. Acad. Sci. (USA), 97: 11026-11031(2000)
受賞歴:
  • イーストマン コダック化学賞(博士課程在籍者対象) (1967)
  • 国際磁気共鳴医学会 金賞 (科学的貢献による) (1995)
  • 米国物理学会 生物物理学賞 (生物物理及び脳機能磁気共鳴法の研究) (1996)
  • 国際磁気共鳴医学会 フェロー (1997)
  • 中山人間科学財団 中山賞 (脳機能画像化のためのボールド法) (1998)
  • 朝日新聞文化財団 朝日賞 (機能的MRIの原理<BOLD法>の発見) (1999)
  • 米国科学アカデミー、医学院 会員 (2000)
所属機関、学会等:
  • Member of International Society of Magnetic Resonance in Medicine
  • Member of Society for Neuroscience

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top