歴代受賞者略歴

photo

エルキ・ルースラーティ博士

2005年(第21回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
細胞生物学分野
授賞業績
細胞接着の分子機構解明における基本的貢献
記念講演
インテグリン結合RGDペプチドから血管ホーミングペプチドまで
国籍: 米国
生年月日: 1940年2月16日
学歴:
1961年ヘルシンキ大学(フィンランド)B.M.<医学>
1965年ヘルシンキ大学M.D.<医学>
1967年ヘルシンキ大学Ph.D.<免疫学>
職歴:
1970年フィンランド・ヘルシンキ大学血清細菌学部助教授、臨時準教授
1975年フィンランド・トゥルク大学細菌血清教授
1976年米国・国立医療センターシティー・オブ・ホープ免疫部上級研究員
1976年米国・国立医療センターシティー・オブ・ホープ免疫部長
1979年米国・バーナム研究所研究副部長
1980年米国・バーナム研究所研究部長
1982年米国・バーナム研究所副所長兼最高経営責任者
1989年米国・バーナム研究所所長兼最高経営責任者(2001年まで) 米国・バーナム研究所NCIがんセンター長兼任
1980年カリフォルニア大学サンディエゴ校病理学部臨時教授(2004年まで)
2002年バーナム研究所教授(現在に至る)
2003年カリフォルニア大学サンディエゴ校生物工学部臨時教授(現在に至る)
現職: バーナム研究所教授
主要研究論文
  1. Pierschbacher, M.D .and Ruoslahti, E. (1984) Cell attachment activity of fibronectin can be duplicated by small synthetic fragments of the molecule. Nature 309, 30-33.
  2. Pytela, R., Pierschbacher, M.D. and Ruoslahti, E. (1985) Identification and isolation of a 140 kd cell surface glycoprotein with properties expected of a fibronectin receptor. Cell 40, 191-198.
  3. Suzuki, S., Argraves, W.S., Pytela, R., Arai, H., Krusius, T., Pierschbacher, M.D. and Ruoslahti, E. (1986) cDNA and amino acid sequences of the cell adhesion protein receptor recognizing vitronectin reveal a transmembrane domain and homologies with other adhesion protein receptors. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 83, 8614-8618.
  4. Argraves, W.S., Suzuki, S., Arai, H., Thompson, K., Pierschbacher, M.D. and Ruoslahti, E. (1987) Amino acid sequence of the human fibronectin receptor. J. Cell Biol. 105, 1183-190.
  5. Suzuki, S., Argraves, W.S., Arai, H., Languino, L.R., Pierschbacher, M.D. and Ruoslahti, E. (1987) Amino acid sequence of the vitronectin receptor alpha subunit and comparative expression of adhesion receptor mRNAs. J. Biol. Chem. 262, 14080-14085.
  6. Ruoslahti, E. and Pierschbacher, M.D. (1987) New perspectives in cell adhesion: RGD and integrins. Science 238, 491-497.
主な受賞等:
  • Outstanding Investigator Award National Cancer Institute (1986-93)
  • G.H.A. Clowes Award American (1990)
  • Robert J. and Claire Pasarow Foundation Award (1991)
  • Honorary Doctor of Medicine, University of Lund (1991)
  • Leila Gruber Cancer Research Award (1993)
  • Abbott Award (International Society for Oncodevelopmentl Biology and Medicine) (1995)
  • Gairdner Foundation International Award (1997)
  • Jacobaeus International Prize (1998)
  • The Jubilee Award, The British Biomedical Society (2003)
名誉会員:
  • Member, Societas Scientiarum Fennica (Finnish Academy of Sciences) (1989)
  • Fellow, American Academy of Arts and Sciences (1993)
  • Knight, Order of the White Rose of Finland (1994)
  • Nobel Fellow, Karolinska Institute, Stockholm (1995)
  • Member, U.S. National Academy of Sciences (1999)
  • Member, European Molecular Biology Organization (2001)
  • Member, Institute of Medicine of the U.S. National Academies (2002)

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top