ストックホルム国際青年科学セミナー

siyss2015

国際科学技術財団ではノーベル財団の協力で、スウェーデン青年科学者連盟が毎年ノーベル賞週間に合わせてストックホルムで開催する「ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS; Stockholm International Youth Science Seminar)」に毎年2 名の学生(大学生・大学院生)を派遣しています。SIYSS には世界各国から派遣された若手科学者が集い、ノーベル賞授賞式など諸行事に参加したり、自身の研究発表を行います。SIYSS への派遣は、若手科学者に比類ない国際交流の機会を提供するだけでなく、科学に対するモラルの向上や熱意の高揚にも役立っています。1987 年以降、これまでに56 名の学生を派遣しています。

2015年12月は東京工業大学の大橋さんと北海道大学の笹森さんが参加しました。
以下はお二人のレポートです。 

私達は2015年12月4日から12月11日まで、ストックホルム国際青年科学セミナー(Stockholm International Youth Science Seminar, SIYSS)に日本代表として参加いたしました。SIYSSでは、世界の舞台で活躍を目指す若手研究者がノーベルウィークに合わせてストックホルムに集いました。今年は18ヶ国から25名、18~24歳の若手研究者が各国の代表として選ばれ、私たちはその一員となる機会を頂きました。ノーベル賞授賞式や晩餐会への参加に加え、カロリンスカ研究所やスウェーデン王立工科大学(KTH)への訪問、現地高校生に向けた自身の研究発表や倫理セミナーなど、濃密な9日間を過ごすことができました。
今年は大村智先生と梶田隆章先生が各々の分野でノーベル賞を受賞された記念すべき年でした。そのような素晴らしい年に参加できたことをとても嬉しく、そして誇りに思います。また、SIYSSでは大村先生・梶田先生をはじめとするノーベル賞受賞者の方々から様々な貴重な助言を頂くことができました。加えて、世界中から集まった優秀な学生との交流や、非常に綿密な運営をしてくださった現地コーディネーターの皆さんとの交流を通して、非常に多くのことを考えさせられました。自らの将来のキャリアや研究への向き合い方について考え始めるきっかけとなりました。多くのかけがえのない学びを将来の成長に活かして参ります。今回派遣を通してこのような素晴らしい機会を与えてくださった国際科学技術財団、並びに1年間もの長期間にわたり、準備に時間を割いていただいた現地コーディネーターの方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

2015siyss02

ノーベル生理学・医学賞受賞受賞者、大村博士と

 

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

ストックホルム
国際青年科学セミナー

Japan Prize 30年の歩み

page top