歴代受賞者略歴

photo

杉村隆博士

1997年(第13回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
医学におけるバイオテクノロジー分野
授賞業績
がんの原因に関する基本概念の確立
記念講演
がんの原因に関する基本概念の確立
国籍: 日本
生年月日: 1926年4月20日
勤務先:

国立がんセンター

〒104 東京都中央区築地5-1-1
Tel: 03-3542-2511

東邦大学

〒143 東京都大田区大森西5-21-16
Tel: 03-3762-4151

学歴:
1949年 東京大学医学部医学科卒業
1957年 東京大学より医学博士号取得
職歴:
1962-72年国立がんセンター研究所生化学部長
1970-85年東京大学医科学研究所教授
1972-74年国立がんセンター研究所副所長
1974-84年国立がんセンター研究所長
1984-91年国立がんセンター総長
1992-現在国立がんセンター名誉総長
1992-94年厚生省顧問
1994-現在東邦大学学長
現職: 国立がんセンター名誉総長
東邦大学学長
主な著書と論文
  1. Nakahara, W., Fukuoka, F. and Sugimura, T. Carcinogenic action of 4-nitroquinoline 1-oxide. Gann, 48:129-137, 1957.
  2. Sugimura, T., Nagao, M. and Okada, K. Carcinogenic action of N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine. Nature, 210: 962-963, 1966.
  3. Sugimura, T., Okabe, K. and Nagao, M. The metabolism of 4-nitroquinoline 1-oxide, a carcinogen. III: An enzyme catalyzing the conversion of 4-nitroquinoline 1-oxide to 4-hydroxyaminoquinoline 1-oxide in rat liver and hepatomas. Cancer Res., 26: 1717-1721, 1966.
  4. Matsushima, T., Kobuna, I. and Sugimura, T. In vivo interaction of 4-nitroquinoline 1-oxide and its derivatives with DNA. Nature, 216: 508, 1967.
  5. Sugimura, T., and Fujimura, S. Tumor production in glandular stomach of rat by N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine. Nature, 216:943-944, 1967.
  6. Sugimura, T., Otake, H. and Matsushima, T. Single strand scissions of DNA caused by a carcinogen, 4-hydroxyaminoquinoline 1-oxide. Nature, 218:392, 1968.
  7. Sugimura, T., Nagao, M., Kawachi, T., Honda, M., Yahagi, T., Seino, Y., Sato, S., Matsukura, N., Matsushima, T., Shirai, A., Sawamura, M. and Matsumoto, H. Mutagen-carcinogens in food, with special reference to highly mutagenic pyrolytic products in broiled foods. In : H.H. Hiatt, J.D. Watson, and J.A. Winsten (eds), Origins of Human Cancer, pp. 1561-1577, Cold Spring Harbor, NY:Cold Spring Harbor Laboratory, 1977.
  8. Sugimura, T. Studies on environmental chemical carcinogenesis in Japan. Science, 233: 312-318, 1986.
  9. Sugimura, T. Multiple carcinogenesis: A 1992 perspective. Science, 258:603-607, 1992.
  10. Sugimura, T., Nagao, M. and Wakabayashi, K. Heterocyclic amines in cooked foods: Candidates for causation of common cancers. J. Natl. Cancer Inst., 86:2-4, 1994.
  11. Kakiuchi, H., Watanabe, M., Ushijima, T., Toyota, M., Imai, K., Weisburger, J.H., Sugimura, T. and Nagao, M. Specific 5'-GGGA-3' →5'-GAA-3' mutation of the Apc gene in rat colon tumors induced by 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4, 5-b]pyridine. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92: 910-914, 1995.
  12. Toyota, M., Ushijima, T., Weisburger, J.H., Hosoya, Y., Canzian, F., Rivenson, A., Imai, K., Sugimura, T. and Nagao, M. Microsatellite instability and loss of heterozygosity on chromosome 10 in rat mammary tumors induced by 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4, 5-b]pyridine. Molecular Carcinogenesis, 15: 176-182, 1996.
主な受賞等:
  • 高松宮妃癌研究基金学術賞 (1969)
  • 武田医学賞 (1974)
  • 藤原賞 (1975)
  • 日本学士院賞・恩賜賞 (1976)
  • 米国国立衛生研究所 Fogarty Scholar in Residence (1977)
  • 米国環境変異原学会 特別優秀賞 (1978)
  • 日本国文化勲章 (1978)
  • 米国バートナー癌研究学術賞 (1981)
  • 米国ジェネラル・モータース癌研究基金モット賞 (1981)
  • 日本癌学会 吉田賞 (1992)
  • 日本環境変異原学会 学術賞 (1994)
  • フランス共和国国家功労章オフイシエ (1996)
所属機関、学会等:
  • 日本遺伝子治療学会 顧問
  • 日本栄養・食糧学会 評議員
  • 日本がん疫学研究会 顧問会員
  • 日本癌治療学会 評議員
  • 日本生化学会 名誉会員
  • 日本膵臓学会 特別会員
  • 日本動物細胞工学会 顧問
  • 日本分子生物学会 評議員
  • 日本臨床代謝学会 評議員
名誉学位等 :
  • 米国癌学会 名誉会員 (1980)
  • 米国国立科学アカデミー 外国人会員 (1982)
  • 日本学士院 会員 (1982)
  • 日本薬学会 名誉会員 (1986)
  • オランダ学士院 外国人会員(科学部門) (1987)
  • 日本環境変異原学会 名誉会員 (1987)
  • スウェーデン学士院 外国人会員(医科学部門) (1987)
  • 米国生化学分子生物学会 名誉会員 (1988)
  • 日本生化学会 名誉会員 (1990)
  • 韓国癌学会 名誉会員  (1992)
  • 米国 Thomas Jefferson 大学名誉科学博士 (1994)
  • 米国国立医学アカデミー 外国人会員 (1994)
  • 日本癌学会 名誉会員 (1994)

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top