やさしい科学技術セミナー

写真

本セミナーは、私たちの生活に関わりのある、様々な分野の科学技術について、研究助成に選ばれた研究者を講師に迎え、やさしく解説していただきます。講義だけでなく実験や研究室の見学などを交えることで、より理解しやすく科学への興味を掻き立てる内容にしています。次世代を担う中学生や高校生を中心対象に年10回全国各地で開催しており、1989年以降、これまでに239 回開催しています。

今後のセミナー予定

 

第248回 やさしい科学技術セミナー

結晶学入門  ~分子のかたち、私たちのかたち~

日時

2014年10月20日(月)11:25-12:15

講師

muraki村木則文先生
(自然科学研究機構分子科学研究所 特任助教)
内容 みなさんは「結晶」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?。きれい、かたい、透明などいろいろあると思います。氷や塩の結晶など、なじみ䛾あるものも多い結晶ですが、もののかたちを『見る』ために結晶が使われていることはあまり知られていません。
今回の授業では、結晶がど䛾ようにしてできるかを知り、結晶ができる様子を実際に観察します。後半では、結晶䛾性質を利用して、かたちを『見る』という研究手法についてお話します。この研究手法は、私たちの体を構成するタンパク質やDNAの研究にも使われており、生物のしくみの理解や新薬の開発にも役立っていることを紹介します。
場所

岡崎市立河合中学校体育館
愛知県岡崎市芳原沢町上平7

対象

河合中学校の皆さん

※国際科学技術財団では出前授業を希望される学校を募集しています。講師の派遣を希望される小・中・高の先生や保護者の方ががおられましたらご連絡下さい。

 

第249回 やさしい科学技術セミナー
研究者を虜にする毒ヘビの研究
~なぜ、生物は毒をもつようになったのか?
   どうして毒をもつ生物は自分の毒がこわくないのか?~
日時

2014年11月8日(土)

【第1部:講演】11:00~12:00 対象は一般で定員は200名です。
【第2部:サイエンスカフェ】13:30-15:30 対象は高校生で定員は20名です。

※開場は10:30、10:40より演奏会を予定しています。

講師

shioi塩井成留実先生
(福岡大学理学部化学科 助教)
内容 Snakeヘビ毒の研究は、国際的に古くから行われ、イオンチャネルの発見や血圧降下剤(カプトプリル)の開発など生命科学の発展に大きく貢献してきました。しかしながら、未だ南米やアフリカなどの地域では毒ヘビによる被害が多く、深刻な社会問題になっています。私どもは、毒ヘビが血液中にもつ自己の毒を中和(阻害)するタンパク質に着目し、『なぜ毒ヘビは、自分の毒では死なないのか?』まだ証明されていないその謎解きを行っています。
場所

福岡大学商学部棟2号館
福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
福大前駅出口1より徒歩5分

定員 第1部200名、第2部20名
対象 第1部一般、第2部高校生
お申込み

お申し込みはこちら

※Webからのお申し込みは第1部のみです。
第2部をご希望の場合、学校名、学年、住所、氏名、連絡先電話番号を記載の上メール(ogura@japanprize.)か電話(080-2003-1931)を下さい。

参加費 無料
主催 福岡大学、国際科学技術財団
協力 福岡市動植物園

 

第250回 やさしい科学技術セミナー
スマートフォンで実世界プログラミング入門~加速度センサを使って万歩計を作ってみよう~
日時

2014年11月22日(土)及び23日(日)9:00-15:00

講師

maekawa前川卓也先生
(大阪大学大学院情報科学研究科 准教授)
場所

大阪大学大学院情報科学研究科E6棟
大阪府吹田市山田丘2-1

対象

宝塚北高校の皆さん

※国際科学技術財団では出前授業を希望される学校を募集しています。講師の派遣を希望される小・中・高の先生や保護者の方ががおられましたらご連絡下さい。

参加費 無料

 

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

やさしい科学技術セミナー

最近のセミナーのビデオ

光で脳を操作する ~「こころ」の解明への新技術~

実りある信州大学で蝶のことを学ぼう!

えっ?虹から放射線っ!!(やさしい科学技術セミナー&リスーピアワークショップ)

サービスロボットの視覚を実現する画像認識のしくみ

電磁波の透視能力 ~異なる波長で異なる能力を持つ不思議な力~

遺伝子が働くしくみと遺伝子を働かせる技術

 

page top