やさしい科学技術セミナー

写真

本セミナーは、私たちの生活に関わりのある、様々な分野の科学技術について、研究助成に選ばれた研究者を講師に迎え、やさしく解説していただきます。講義だけでなく実験や研究室の見学などを交えることで、より理解しやすく科学への興味を掻き立てる内容にしています。次世代を担う中学生や高校生を中心対象に全国各地で開催しており、1989年以降、これまでに300回以上開催しています。

今後のセミナー予定

やさしい科学技術セミナー
2018年10月21日(日)14:00-18:00
テーマ 数学で“みえる”世界

講師

岩見 真吾 先生
九州大学 大学院理学研究院 准教授
場所 JR博多シティ中会議室1
福岡市博多区博多駅中央街7-21
https://www.jrhakatacity.com/communicationspace/#Access
対象 中学生以上
定員 70名 詳細なプログラムお申込みはこちら
協力団体 株式会社リバネス
九州大学 学術研究・産官連携本部/ベンチャー創出推進グループ

 

 

やさしい科学技術セミナー
2018年11月12日(月)9:50-10:40
テーマ 透明人間の造り方

講師

久保田 晋平 先生
東京大学 大学院医学系研究科 特別研究員
内容 "人間が想像できることは、人間が必ず実現できる”という言葉はサイエンスフィクションの父 ジュール・ヴェルヌの言葉として知られています。
"透明人間"、"冷凍冬眠装置"などは未だに実現していないものの、19世紀、20世紀の人々が想像した"月世界旅行"、"海底二万里"などは一部実現しています。
本セミナーの前半では"透明人間"に焦点を絞り、透明になるために必要なことなどを解説します。
また後半では透明にした野菜などを実際に手に取ってもらうことなどで最先端の研究の一部を体験していただく予定です。
場所 三重県高田高校
三重県津市一身田町2843
対象 三重県高田高校の皆さん
定員 40名

 

やさしい科学技術セミナー
2018年11月18日(日)13:30-16:30
テーマ 分子の「かたち」から「しくみ」を見通す有機化学

講師

古山 渓行 先生
金沢大学理工研究域物質化学系
内容 身近にある材料の多くや生き物のからだは炭素を中心とした有機分子でできています。有機化学者は新しい分子を自分たちで設計することで、生活に役立つ新しい物質を作り出すことを目指し、研究を行なっています。本セミナーでは身近な例を中心に、ナノサイズより小さな有機分子の世界を紹介、解説します。また、後半では大学院生等と研究発表を通して実際の研究の現場を体感してもらい、合わせて研究者としてのキャリアを紹介します。
場所 金沢歌劇座 第9会議室
石川県金沢市下本多町6-27
http://www.kagekiza.gr.jp/access/
対象 研究活動に興味がある高校生
定員 50名    お申込みはこちら
その他

参加費無料

 

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

やさしい科学技術セミナー

最近のセミナーのビデオ

北斎も使用した人工顔料を環境素子へ応用する

細胞の「なか」はどうなっているの?〜小胞体やミトコンドリアを観察して、働きを学ぶ〜

分子の並び方と性質 〜集まることで生まれる機能と集まり方で変わる機能〜

有機合成反応開発の最前線 ~ 失敗 = 成功 ってどういうこと!? ~

 

page top