歴代受賞者略歴

photo

マルク・C・E・ヴァン モンタギュー博士

1998年(第14回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
農業生産のバイオテクノロジー分野
授賞業績
遺伝子組換え植物作出の理論と方法の確立
記念講演
熱帯農業のための新しい植物
-いかに、誰がこうした新しい植物の開発をしとげうるのか?
国籍: ベルギー
生年月日: 1933年11月10日
勤務先:
Scientific Director
Laboratory of Genteics, Faculty of Sciences, Rijksuniversiteit Gent
学歴:
1955年 ベルギー王国・ゲント大学(有機化学専攻)卒業
1965年 ベルギー王国・ゲント大学にて博士号(有機化学・生化学)取得
職歴:
1979-87年 ベルギー王国・ゲント大学助教授(理学部遺伝学研究室副主任)
1982-96年 ベルギー王国・植物遺伝系会社科学指導顧問
1987年- ベルギー王国・ゲント大学教授(理学部遺伝学研究室主任) ベルギー王国・フランダース バイオテクノロジー大学間研究所遺伝学部長
現職: ゲント大学教授理学部遺伝学研究室主任
主な著書と論文
  1. Zaenen, I., Van Larebeke, N., Teuchy, H., Van Montagu, M., and Schell, J. Supercoiled circular DNA in crown-gall inducing Agrobacterium strains. J. Mol. Biol. 86, 109-127 (1974).
  2. enetello, C., Van Larebeke, N., Holsters, M., Depicker, A., Van Montagu., and Schell, J. The Ti-plasmid of Agrobacterium as conjugative plasmids. Nature 265, 561-563 (1977).
  3. Hernalsteens, J.P., Van Vliet, F., De Beuckeleer, M., Depicker, A., Engler, G., Lemmers, M., Holsters, M., Van Montagu, M., and Schell, J. The Agrobacterium tumefaciens Ti plasmid as a host vector system for introducing foreign DNA in plant cells. Nature 287, 654-656 (1980).
  4. Herrera-Estrella, L., Depicker, A., Van Montagu, M., and Schell, J. Chimaeric genes are transferred and expressed in plant cells using a Ti plasmid-derived vector. Nature 303, 209-213 (1983).
  5. Caplan, A., Herrera-Estrella, L., Inze, D., Van Haute, E., Van Montagu, M., and Schell, J., and Zambryski, P. Introduction of genetic material into plant cells. Science 222, 815-821 (1983).
  6. Wang, K., Herrera-Estrella, L., Van Montagu, M., and Zambryski, P. Right 25-bp terminus sequences of the nopaline T-DNA is essential for and determines direction of DNA transfer from Agrobacterium to the plant genome. Cell 38, 455-462 (1984)
  7. Koukolikova-Nicola, Z., Shillito, R.D., Hohn, B., Wang, K., Van Montagu, M., and Zambryski, P. Involvement of circular intermediates in the transfer of T-DNA from Agrobacterium tumefaciens to plant cells. Nature 312, 191-196 (1985).
  8. Vaeck, M., Reynaerts, A., Hofte, H., Jansens, S., De Beuckeleer, M., Dean, C., Zabeau, M., Van Montagu, M., and Leemans, J. Transgenic plants protected from insect attack. Nature 328, 33-37 (1987).
  9. De Block, M., Botterman, J., Vandewiele, M., Dockx, J., Thoen, C., Gossele, V., Roa Movva, N., Thompson, C., Van Montagu, M., and Leemans, J. Engineering herbicide resistance in plants by expression of a detoxifying enzyme. EMBO J. 6, 2513-2518 (1987).
  10. Van Camp, W., Willekens, H., Bowler, C., Van Montagu, M., Inze, D., Reupold-Popp, P., Sandermann, H. Jr, and Langebartels, C. Elevated levels of superoxide dismutase protect transgenic plants against ozone damage. Biotechnology 12, 165-168 (1994)
主な受賞等:
  • ステーィブンス賞(ベルギー王国) (1985)
  • ランク栄養学賞(イギリス) (1987)
  • IBMヨーロッパ賞 (1988)
  • フランドル地域社会賞(ベルギー王国) (1989)
  • チャールス・レオポルド・マイヤー賞(フランス科学アカデミー) (1990)
  • ルドルフ・マーグ博士賞(スイス) (1990)
  • ドゥ レーウ・ダムリー・ブラール賞(ベルギー王国国立科学研究財団) (1990)
所属機関、学会等:
  • ヨーロッパ分子生物学機構会員
  • ベルギー王国王立科学アカデミー会員
  • ヨーロッパアカデミー会員
  • 世界科学・芸術アカデミー会員
  • 国際バイオテクノロジー研究所会員
  • ヨーロッパ環境研究機構会員
  • スウェーデン王立工業科学アカデミー外国人会員
  • 米国微生物学アカデミー会員
  • フランス農学アカデミー外国人会員
  • スペイン生物学研究センター国際諮問委員会委員
  • 米国植物生理学会特別会員
  • 国際科学連合バイオテクノロジー部会長
  • 王立海外科学アカデミー準会員(ベルギー王国)

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top