歴代受賞者略歴

photo

デビット・クール博士

2009年(第25回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
医学・工学の融合における疾患への技術の展開分野
授賞業績
核医学における断層イメージングに対する貢献
記念講演
わが生涯の一断面:放射断層撮影法の50年
国籍: 米国
生年月日 1929年10月27日
学歴:
1951年 テンプル大学卒業(物理学専攻)
1955年 ペンシルバニア大学で医学博士号取得(M.D.)
職歴:
1955年 ペンシルバニア大学病院研修医(~1956年)
1958年 ペンシルバニア大学医学部放射線医学指導助手(~1961年)
1958年 ペンシルバニア大学病院放射線医学特別研究員(~1962年)
1963年 ペンシルバニア大学医学部放射線医学アソシエート(~1965年)
1963年 ペンシルバニア大学病院核医学部門長(~1976年)
1965年 ペンシルバニア大学医学部放射線医学助教授(~1967年)
1967年 ペンシルバニア大学医学部放射線医学准教授(~1970年)
1970年 ペンシルバニア大学医学部放射線医学教授(~1976年)
1974年 ペンシルバニア大学電子工学部生物工学教授(~1976年)
1975年 ペンシルバニア大学病院放射線診断部副部長(~1976年)
1976年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部放射線科学教授(~1986年)
1976年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校核医学部門長(~1984年)
1976年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校医用生体環境科学研究所副所長(~1984年)
1977年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校放射線科学部副部長(~1986年)
1986年 ミシガン大学医学部内科学科長・教授(~2000年)
1986年 ミシガン大学医学部放射線医学教授(現在に至る)
1986年 ミシガン大学核医学部門長(~2002年)
1986年 PETセンター長(~2002年)
2000年 ミシガン大学医学部放射線学科長(~2002年)
現職: ミシガン大学医学部放射線医学教授
主要研究論文
  1. Kuhl, DE, and Edwards, RQ: Image Separation Radioisotope Scanning. Radiology 80: 653-662, April 1963.
  2. Kuhl, DE, Hale, J, Eaton, WL: Transmission scanning: A useful adjunct to conventional emission scanning for accurately keying isotope deposition to radiographic anatomy. Radiology 87 (2):278-84. August 1966.
  3. Kuhl DE, Reivich M, Alavi A, Nyary I, Staum M. Local Cerebral Blood Volume Determined by Three-Dimensional Reconstruction of Radionuclide Scan Data. Circ Res 1975; 36:610-9.
  4. Ido, T, Wan, CN, Casella, V, Fowler, JS, Wolf, AP, Reivich, M, and Kuhl, DE: Labeled 2-Deoxy-D-Glucose Analogs. 18-F-Labeled 2-Deoxy-2- Fluoro-D-Glucose, 2-deoxy-2-2 fluoro-D-mannose and 14-C-2-deoxy-2- fluoro-D-glucose. J Labeled Compounds and Radiopharmaceuticals   14: 175-183, 1978.
  5. Reivich M, Kuhl DE, Wolf A, Greenberg J, Phelps ME, Ido T, Casella V, Fowler J, Hoffman E, Alavi A, Sokoloff L. The F-18-Fluorodeoxyglucose Method for the Measurement of Local Cerebral Glucose Utilization in Man. Circ Res 1979; 44:127-37.
  6. Phelps, ME, Huang, SC, Hoffman, EJ, Selin. C, Sokoloff, L, Kuhl, DE: Tomographic measurement of local cerebral glucose metabolic rate in humans with (F-18)2-fluoro-2-deoxy-D-glucose. Validation of method. Annals of Neurology  6 (5):371-88. November 1979.
  7. Kuhl DE, Engel J Jr, Phelps ME, Selin C. Epileptic Patterns of Local Cerebral Metabolism and Perfusion in Humans Determined By Emission Computed Tomography of 18FDG and 13NH3. Ann Neurol  1980; 8:348-60.
  8. Minoshima, S, Foster, NL, Kuhl, DE: Posterior cingulate cortex in Alzheimer's disease. Lancet. 24; 344 (8926):895. September 1994.
主な受賞等:
  • Nuclear Medicine Pioneer Citation, Society of Nuclear Medicine (1976)
  • Ernst Jung Prize for Medicine, Jung Foundation, Hamburg (1981)
  • The Louise and Lionel Berman Foundation Award for Peaceful Uses of Atomic Energy (1985)
  • Elected to the Institute of Medicine of the National Academy of Sciences (1989)
  • Javits Neuroscience Investigator Award, National Institutes of Health (1989)
  • Georg Charles de Hevesy Nuclear Medicine Pioneer Award, Society of Nuclear Medicine (1995)
  • Benedict Cassen Prize for Research Leading to a Major Advance in Nuclear Medicine Science, Society of Nuclear Medicine (1996)
  • Outstanding Researcher Award, Radiological Society of North America (1996)
  • Charles F. Kettering Prize for Outstanding Contribution to the Diagnosis and Treatment of Cancer, General Motors Cancer Research Foundation (2001)
主な会員等:
  • American College of Nuclear Physicians
  • American College of Radiology
  • American Institute of Medical and Biological Engineering
  • American Neurological Association
  • Association of American Physicians
  • Institute of Medicine of the National Academy of Science
  • Radiological Society of North America
  • Society of Nuclear Medicine

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top