歴代受賞者略歴

photo

岸本 忠三博士

2011年(第27回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
生命科学・医学
授賞業績
インターロイキン6の発見から疾患治療への応用への貢献
記念講演
 
国籍: 日本
生年月日 1939年5月7日
学歴:
1964年 大阪大学医学部卒業
1969年 大阪大学大学院医学研究科修了 医学博士
職歴:
1964年 大阪大学医学部卒業
1969年 大阪大学大学院医学研究科修了 医学博士
1969年 九州大学歯学部助手(生化学)
1970年 米国ジョンズ・ホプキンス大学フェロー、客員助教授
1974年 大阪大学医学部助手
1979年 大阪大学医学部教授
1983年 大阪大学細胞工学センター教授
1991年 大阪大学医学部教授
1995年 大阪大学医学部長
1997年 大阪大学総長
2004年 総合科学技術会議議員
2006年 大阪大学大学院生命機能研究科寄附講座教授
2007年 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団理事長
現職: 大阪大学名誉教授、元総長
主要研究論文
  1. Hirano T, Yasukawa K, Harada T, Taga T, Watanabe Y, Matsuda T, Kashiwamura S, Nakajima K, Koyama K, Iwamatsu A, Tsunasawa S, Sakiyama F, Matsui H, Takahara Y, Taniguchi T, Kishimoto T. Complementary DNA for a novel human interleukin (BSF-2) that induces B lymphocytes to produce immunoglobulin. Nature 1986; 324: 73-76.
  2. Kawano M, Hirano T, Matsuda T, Taga T, Horii Y, Iwato K, Asaoku H, Tang B, Tanabe O, Tanaka H, Kuramoto A, Kishimoto T. Autocrine generation and requirement of BSF-2/IL-6 for human multiple myelomas. Nature 1988; 332:83-85.
  3. Yamasaki K, Taga T, Hirano Y, Yawata H, Kawanishi Y, Seed B, Taniguchi T, Hirano T, Kishimoto T. Cloning and expression of human interleukin 6 (BSF-2/IFNb2) receptor. Science 1988; 241: 825-828.
  4. Hirano T, Matsuda T, Turner M, Miyasaka N, Buchan G, Tang B, Sato K, Shimizu M, Maini R, Feldmann M, Kishimoto T. Excessive production of interleukin 6/B cell stimulatory factor-2 in rheumatoid arthritis. Eur J Immunol. 1988; 18: 1797-1801.
  5. Taga T, Hibi M, Hirata Y, Yamasaki K, Yasukawa K, Matsuda T, Hirano T, Kishimoto T. Interleukin-6 triggers the association of its receptor with a possible signal transducer, gp130. Cell 1989; 58: 573-581.
  6. Hibi M, Murakami M, Saito M, Hirano T, Taga T, Kishimoto T. Molecular cloning and expression of an IL-6 signal transducer, gp130. Cell 1990; 63: 1149-1157.
  7. Kishimoto T, Akira S, Taga T. Interleukin-6 and its receptor: a paradigm for cytokines. Science 1992; 258: 593-597.
  8. Nishimoto N, Yoshizaki K, Miyasaka N, Yamamoto K, Kawai S, Takeuchi T, Hashimoto J, Azuma J, Kishimoto T. Treatment of rheumatoid arthritis with humanized anti-interleukin-6 antibody: a multicenter double-blind, placebo-controlled trial. Arthritis Rheum 2004; 50: 1761-1769.
  9. Nishimoto N, Kishimoto T. Interleukin 6: from bench to bedside. Nat Clin Pract Rheumatol. 2006; 2: 619-626.
  10. Yokota S, Imagawa T, Mori M, Miyamae T, Aihara Y, Takei S, Iwata N, Umebayashi H, Murata T, Miyoshi M, Tomiita M, Nishimoto N, Kishimoto T. Efficacy and safety of tocilizumab in patients with systemic-onset juvenile idiopathic arthritis: a randomised, double-blind, placebo-controlled, withdrawal phase III trial. Lancet 2008; 371: 998-1006.
主な受賞等:
  • ベーリング・北里賞 (1982)
  • 大阪科学賞 (1983)
  • ベルツ賞 (1986)
  • 武田医学賞、朝日賞 (1988)
  • 日本医師会医学賞、文化功労者 (1990)
  • 国際アレルギー学会賞 (1991)
  • 恩賜賞・日本学士院賞、サンド(ノバルティス)免疫学賞(国際免疫学会連合)(平野俊夫氏とともに) (1992)
  • 日本学士院会員 (1995)
  • アベリー・ランドスタイナー賞(ドイツ免疫学会) (1996)
  • 文化勲章 (1998)
  • ドナルド・セルデイン賞(国際腎臓病学会) (1999)
  • ISI Citation Laureate Award, 1981-1988 (2000)
  • ロベルト・コッホ ゴールドメダル(ドイツコッホ財団) (2003)
  • Honorary Life Time Achievement Awards(国際サイトカイン学会) (2006)
  • クラフォード賞(平野俊夫氏とともに)(スェーデン王立科学アカデミー) (2009)
  • 米国臨床免疫学会会長賞 (2010)
主な会員等:
  • 米国科学アカデミー外国人会員 (1991)
  • 日本免疫学会会長 (1991)
  • 国際免疫薬理学会会長 (1991)
  • 米国免疫学会名誉会員 (1992)
  • 国際サイトカイン学会会長 (1994)
  • 日本学士院会員 (1995)
  • 日本アレルギー学会会長 (1997)
  • 日本臨床免疫学会理事長 (1997)
  • 米国血液学会名誉会員 (1997)
  • 米国国立科学アカデミー医学研究所外国人会員 (1997)
  • 日本医学会副会長 (2002)
  • ドイツ科学アカデミーレオポルディナ会員 (2005)
  • 日本医学会総会会頭 (2007)
  • 国際免疫学会議会長 (2010)

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top