歴代受賞者略歴

photo

吉野 彰 博士

2018年(第34回)Japan Prize受賞者

授賞対象分野
資源・エネルギー、環境、社会基盤
授賞業績
リチウムイオン電池の開発
国籍: 日本
生年月日 1948年1月30日
学歴:
1970年 京都大学工学部 石油化学科卒
1972年 京都大学工学研究科 修士課程修了
2005年 大阪大学工学部電子工学科博士号取得
職歴:
1972年 旭化成(株)(旧旭化成工業(株))入社
1992年 旭化成(株)イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長
1994年 (株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
1997年 旭化成(株)イオン二次電池事業グループ長
2001年 旭化成(株)電池材料事業開発室 室長
2003年 旭化成グループフェロー
2005年 旭化成(株)吉野研究室 室長
2010年 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター 理事長(現在)
2015年 旭化成(株)顧問
九州大学 エネルギー基盤技術国際教育研究センター 客員教授(現在)
2017年 名城大学 大学院理工学研究科 教授(現在)
2017年 旭化成(株)名誉フェロー(現在)
所属機関:
  • 旭化成株式会社
    101-8101 東京都千代田区神田神保町1-105
    神保町三井ビルディング
主要論文等:
  1. 「炭素材料が電池負極になるまで」 TANSO (1999) No.186 45-49
    吉野彰
  2. 「リチウムイオン二次電池の開発と最近の技術動向」日本化学会誌 (2000) No.8, 523-534
    吉野彰, 大塚健司, 中島孝之, 小山章, 中條聡
  3. “Development of Lithium Ion Battery” Mol. Cryst. and Liq.Cryst., 2000, Vol.340, 425-429
    Akira Yoshino
  4. “Development Process and the Latest Trend for Lithium-Ion Battery technology in Japan”
    Chinese Journal of Power Sources (2001) Vol. 25, No.6, 416-422
    Akira Yoshino
  5. “Cathode Properties of Phospho-Olivine LiMPO4 for Lithium Secondary Batteries”
    Journal of Power Sources 97-98 (2001) 430-432
    Shigeto Okada, Shoichiro Sawa, Minato Egashira, Jyun-ichi Yamaki, Mitsuharu Tabuchi, Hiroyuki Kageyama, Tokuzo Konishi, Akira Yoshino
  6. “Overview of Carbonaceous Materials for Lithium Ion Battery”
    Mol. Cryst. and Liq.Cryst., 2002, Vol.388, 575-579
主な受賞歴:
1999年 (社)日本化学会より平成10年度「化学技術賞」(リチウムイオン二次電池の開発の功績)
1999年 米国Electrochemical Soc.より “1999 Technical Award of Battery Division”
(Pioneering work on lithium ion battery technologyの功績)
2001年 (財)新技術開発財団(市村財団)より「市村産業賞功績賞」(リチウムイオン二次電池の開発と製品化の功績)
2001年 (社)発明協会より「関東地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞」
2002年 (社)発明協会より「全国発明表彰文部科学大臣発明賞」
2003年 文部科学省より「文部科学大臣賞科学技術功労者」
2004年 日本国政府より「紫綬褒章」
2011年 財団法人材料科学技術振興財団より山﨑貞一賞
2011年 公益財団法人NEC C&C財団よりC&C賞
2012年 (社)日本化学会より「第5回日本化学会フェロー」
2012年 米国IEEEより「IEEE MEDAL FOR ENVIRONMENTAL AND SAFETY TECHNOLOGIES」
2013年 ロシアより「The Global Energy Prize」
2013年 公益財団法人加藤科学振興会より加藤記念賞
2014年 全米技術アカデミーより「The Charles Stark Draper Prize」
2016年 物質・材料機構より「NIMSアワード2016」

(2018年1月現在)

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top