Japan Prize Laureates

Laureates of the Japan Prize

萩本和男 氏

萩本和男 氏

  • 国籍:日本
  • 生年月日:1955年1月8日

【業績解説文】

業績画像

2023 Japan Prize受賞者

  • 授賞対象分野
    エレクトロニクス、情報、通信
  • 授賞業績
    半導体レーザー励起光増幅器の開発を中心とする光ファイバ網の長距離大容量化への顕著な貢献

学歴

1978年 東京工業大学工学部卒業
1980年 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了

職歴

1980年 日本電信電話公社入社 横須賀通信研究所研究員
1994年 NTT伝送システム研究所グループリーダー
1998年 NTT長距離通信事業本部担当部長
2000年 NTT未来ねっと研究所研究部長
2005年 同所所長
2009年 NTT先端技術総合研究所所長
2013年 NTTエレクトロニクス株式会社 代表取締役社長
2019年 同社フェロー(現在に至る)
2021年 国立研究開発法人情報通信研究機構 主席研究員(現在に至る)

主要論文等

  • K. Hagimoto, K. Iwatsuki, A. Takada, M. Nakazawa, M. Saruwatari, K. Aida, K. Nakagawa, and M. Horiguchi, (1989), “A 212 km non-repeatered transmission experiment at 1.8 Gb/s using LD pumped Er3+-doped fiber amplifiers in an IM/direct-detection repeater system,” Optical Fiber Communication Conference (OFC), PD15.
  • K. Hagimoto, K. Iwatsuki, A. Takeda, M. Nakazawa, M. Saruwatari, K. Nakagawa, and M. Horiguchi, (1989), “250 km nonrepeatered transmission experiment at 1.8 Gb/s using LD pumped Er3+-doped fibre amplifiers in IM/direct detection system,” Electronics Letters, vol. 25, no. 10, pp. 662-664.
  • K. Hagimoto, S. Nishi, and K. Nakagawa, (1990), “An optical bit-rate flexible transmission system with 5-Tb/s-km capacity employing multiple in-line erbium-doped fiber amplifiers,” IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, vol. 8, no. 9, pp. 1387-1395.

主な受賞歴

1989年 桜井健二郎氏記念賞 (中沢氏と共同)
1991年 IEE Oliver Lodge Premium
1994年 高柳健次郎記念奨励賞
1994年 電子情報通信学会業績賞(中沢氏と共同)
2006年 電子情報通信学会業績賞
2007年 前島密賞
2008年 IEEE Fellow
2009年 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞
2009年 産学官連携功労者表彰内閣総理大臣賞(中沢氏と共同)
2013年 電子情報通信学会功績賞
2016年 紫綬褒章
ページトップへ