Japan Prize Laureates

Laureates of the Japan Prize

中沢正隆 博士

中沢正隆 博士

  • 国籍:日本
  • 生年月日:1952年9月17日

【業績解説文】

業績画像

2023 Japan Prize受賞者

  • 授賞対象分野
    エレクトロニクス、情報、通信
  • 授賞業績
    半導体レーザー励起光増幅器の開発を中心とする光ファイバ網の長距離大容量化への顕著な貢献

学歴

1975年 金沢大学工学部卒業
1977年 東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了
1980年 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了

職歴

1980年 日本電信電話公社、電気通信研究所
1984年 マサチューセッツ工科大学客員研究員
1999年 NTT R&Dフェロー
2001年 東北大学電気通信研究所教授
2008年 東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサー(卓越教授)
2010年 東北大学電気通信研究所長
2010年 東北大学国際高等研究教育機構長
同先端融合シナジー研究所長
2011年 国立大学付置研究所・センター長会議会長
2011年 東北大学電気通信研究機構長
2018年 同特任教授
2018年 国立大学法人金沢大学理事(非常勤)(現在に至る)
2022年 東北大学災害科学国際研究所特任教授、DP (現在に至る)

所属機関、学会等

  • 電子情報通信学会 フェロー、名誉員
  • 応用物理学会 フェロー
  • IEEE Life Fellow
  • OPTICA (formerly OSA) Fellow Emeritus
  • 日本光学会 会員
  • レーザー学会 会員
2007年 Director at Large, Optical Society of America (OSA)
2013年 Board of Governors, IEEE Photonics Society
2019年 電子情報通信学会会長

主要論文等

  • M. Nakazawa, Y. Kimura, and K. Suzuki, ‟Efficient Er3+-doped optical fiber amplifier pumped by a 1.48μm InGaAsP laser diode,” AIP, Applied Physics Letters, vol. 54, no. 4, pp. 295-297 (1989).
  • M. Nakazawa, E. Yamada, H. Kubota, and K. Suzuki, “10 Gbit/s soliton data transmission over one million kilometres,” IEE, Electronics Letters, vol. 27, no. 14, pp. 1270-1272 (1991).
  • M. Nakazawa, E. Yoshida, and Y. Kimura, “Ultrastable harmonically and regeneratively modelocked polarization-maintaining erbium fibre ring laser,” IEE, Electronics Letters, vol. 30, no. 19, pp. 1603-1604 (1994).
  • M. Nakazawa, T. Yamamoto, and K.R. Tamura, “1.28 Tbit/s–70 km OTDM transmission using third- and fourth-order simultaneous dispersion compensation with a phase modulator,” IEE, Electronics Letters, vol. 36, no. 24, pp. 2027-2029 (2000).
  • S. Beppu, K. Kasai, M. Yoshida, and M. Nakazawa, ‟2048 QAM (66 Gbit/s) single-carrier coherent optical transmission over 150 km with a potential SE of 15.3 bit/s/Hz,” OSA, Opt. Express, vol. 23, no. 4, pp. 4960-4969 (2015).
  • M. Nakazawa, M. Yoshida, T. Hirooka, K. Kasai, T. Hirano, T. Ichikawa, and R. Namiki, “QAM quantum noise stream cipher transmission over 100 km with continuous variable quantum key distribution,” IEEE, J. Quantum Electron., vol. 53, 2708523 (2017).
  • M. Nakazawa, M. Yoshida, and T. Hirooka, “Experiments on an AM Mode-Locked Laser as an Arbitrary Optical Function Generator,” IEEE, J. Quantum Electron., vol. 58, 1300218 (2022).

主な受賞歴

1989年 桜井健二郎氏記念賞 (萩本氏と共同)
1994年 電子情報通信学会業績賞(萩本氏と共同)
1997年 科学技術庁長官賞(研究功績者賞)
2002年 IEEE Daniel E. Noble Award
服部報公会報公賞、科学技術振興事業団井上春成賞
2003年 新技術開発事業団市村産業賞(功績賞)
2005年 OSA Robert W. Wood Prize
2006年 東レ科学技術賞
2008年 総務省志田林三郎賞
2009年 産学官連携功労者表彰内閣総理大臣賞(萩本氏と共同)
電子情報通信学会功績賞
2010年 紫綬褒章、応用物理学会光・量子エレクトロニクス賞
IEEE Quantum Electronics Award
2013年 日本学士院賞、NEC財団C&C賞、応用物理学会業績賞
2014年 OSA Charles H. Townes Award
2015年 藤原賞、河北文化賞
ページトップへ