プレスルーム

2014年 日本国際賞 (第30回) プレスキット

プレスリリース

2014年(第30回)日本国際賞受賞者決まる
今日の情報化社会を支える光ファイバー網の基盤技術確立に貢献した末松安晴博士と
遺伝子の後天的変化の謎を解き明かしたデビッド・アリス博士に

 

2014年 日本国際賞 (第30回) 受賞者決定

今日の情報化社会を支える光ファイバー網の基盤技術確立に貢献した末松安晴博士と
遺伝子の後天的変化の謎を解き明かしたデビッド・アリス博士に

「エレクトロニクス、情報、通信」分野

授賞業績
大容量長距離光ファイバー通信用半導体レーザーの先導的研究

Photo末松安晴博士(日本)
東京工業大学栄誉教授
高解像度写真
略歴 授賞業績

 

「生命科学」分野

授賞業績
遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾の発見

Photo

デビッド・アリス博士(米国)
ロックフェラー大学 ジョイ・アンド・ジャック・フィッシュマン記念教授
高解像度写真
略歴 授賞業績

 

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

プレスルーム

Japan Prize News No.61

2019 Japan Prize受賞者決定
らせん高分子を創製する不斉重合の概念を確立し、その成果を光学活性な医薬品等の実用的分離法へと発展させた岡本佳男博士と
安定した食糧安全保障と気候変動緩和のための環境保全を両立する持続的土壌管理手法を提唱・実践したラタン・ラル博士
詳細はこちら

Japan Prize 30年の歩み

page top